医療について

医療の現場にいらっしゃる看護師の役割と必要性

医療の関りとなるデイケアの対象は、ある程度病状が安定し、自宅で過ごしている要介護者ですが、認知症があったり、脳卒中などによる後遺症などがある人など、多種多様ということが言えます。
そんな中で利用者の安全を確保しながら、リハビリテーションや自立支援を行うため、看護師はバイタルサインチェックなどによる健康管理、服薬管理などを行うことになってます。
また、デイケアは、喀痰吸引やストーマ装具交換、褥瘡ケア、胃ろうの管理が必要など、デイサービスでの受け入れが困難な利用者の来所も多く、デイケアの利用時間内にこれらの処置を行うことになります。
入浴サービスを行うデイケアの場合、看護師が利用者の体調に応じて入浴可否を判断することになります。
急性期の病院に比べ、高度な看護スキルが求められるわけではありませんが、利用者の異変を見逃さないためのアセスメント能力が必要であり、安全にデイケアを受けられるように健康管理に努めることが医療の現場の中で看護師の役割が必要不可欠になってきます。