医療について

医療・福祉・介護系の資格の難易度

福祉などの資格には国家資格が多く、資格取得まで比較的時間がかかりますが、取得が出来れば就職、転職に役立ち、需要もあり求人も豊富であることがこの分野の特徴となってます。
介護系の資格では介護福祉士だけが唯一、国家資格になっており、介護系の職業は離職率も高く、長期的に続けられるだけの収入と休日が少ないのが現状です。
医師、歯科医師、看護師、薬剤師など特別な資格は、資格ジャンルの中でも法律系と並ぶ難関資格が多いことで知られていますが、高校まで真面目に勉強していれば、その後、医療系の専門学校で勉強して国家試験に合格出来るという難易度の資格が多く、これが人気になっている面もございます。
数ある資格の中で医療系で人気が高くなってるのが医療事務で、種類が多く、その中で最も難易度が高いとされている試験が診療報酬請求事務能力認定試験となります。
この資格を保有していると評価がとても高くなるため、特に医療系の資格が取れる地方の大学のレベルがドンドン上がって、反対に文学部や家政科が主体の大学が急激にレベルを落としてます。
それ以外の女子大では、薬学部と児童教育の学科に力入れている学校が盛り返してます。
薬剤師は、今後供給過多になると言われてますが、現在ではまだ薬剤師の時給は高い状態が続いてます。